見えるものだけを見るのは終わりにしよう

私は数ヶ月前まで、肉体ばかりにフォーカスしていた。

 

それはある意味、見えるものだけを信じていたということ。

 

身体のバランスを感じるということは、見えないものを感じていたということ、バランスをとることでトランスフォームする時に生まれるエネルギーを感じていたということかな、と。

 

何年も四六時中そんなことしてたのに!身体の中ではトランスフォームが常に起きていたのに!気づけなかった、、

 

神聖幾何学綿棒ワークや真理を探究している中で、あっーー‼と気づかされ、恥ずかし固めの刑にあいww、ようやくエネルギーというものを深く受け入れられ、身体への気づきが加速し始めた。

 

それは思い出したという感覚。

 

身体の構造を知る、感じることは、全体を知ることでもあるし、全体から見れば一つの側面、パーツ。

 

いろんなことを知りながら、いろんな視座から12の側面を見ていった先には、今まで見えていなかった、見ようともしなかった、意識にすらあがってこなかった面白いことに溢れてるんだろうなと。

 

それが未知なんだから最高‼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です