本当の顔に出会うために身体のネジレをほどく

セラピスト養成講座を受講されていた方の後ろ姿です。

 

 

5回にわたる講座の中で、骨格矯正の技術はもちろんですが、

自分で自分の身体・顔を整えていくこと、

自分の身体・顔に深く意識を向けること、

自分の身体・顔は自分で良くすることができること、

顔・身体を変えるには意識が一番大切であること、

などお伝えしました。

 

自分の身体・顔の立体構造を理解し、整えられないと、当たり前ですが 自分以外のヒトの骨格は読めないし、整えることはできないんですね。

 

また、骨格がズレていると、エネルギーがうまく回らない。

 

骨格がズレていても 身体・顔のカタチとして成り立っているのは、筋肉や腱などの内側のサポートがあるからですが、無理してカタチを保っている状態。

 

骨格を元に戻して、内側に無理させなければ、全ては調和して 無駄にエネルギーを使うことなく心地よい状態で居続けることが出きます。

 

このエネルギーが回っている状態で、施術をすれば、共振共鳴で相手も影響を受けて骨格の変化が出やすい。

 

大切なお客様に触れるということは、自分のケアは仕事の一つ。

 

そのためにも、自分で整えられることは欠かせないですし、自分の骨格が読めれば、相手の骨格は手に取るようにわかります。

 

受講生さんにも その重要性をお伝えしながら、ご自身でも身体と向き合ってもらい、写真のような変化が出てきました。

素晴らしいと思います。

 

骨格を整える前は、全体がネジレているために、脚の長さ、骨盤のズレ、背骨の回旋、肋骨がへこみ、頭蓋骨や顔のパーツまでもがバラバラになってしまっており、立つだけでも いろんなところに力が入ってしまっていた。

 

それが、身体や顔に意識を向けてケアを続けた結果、まだ全体のネジレはあるものの、入れなくてもいい力は抜けて、各関節に必要なだけの体重をかけられるようになり、全体にリラックス感が出たのがよくわかります。

 

それに伴い、顔に変化が出たのは言うまでもありません。

 

「こんなお顔をされてたんですね!」とよく言うのですが、本当の顔や身体に出会えると、こちらまでも嬉しくなります。

 

身体や顔の骨を動かすのは、全然難しくありません。

 

身体を正しく使う、動かす、それだけです。

 

つまり、正しく筋肉を使い、骨を感じて動くこと。

 

これができるようになれば、歪みは解消されて、常に軽く心地よい状態で在り続けることができます。

 

一時的な変化ではなく、「在り続けること」が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です