身体の感覚に集中する、安心くつろぎの時

身体の感覚に集中しているときは、思考から離れて安心してくつろげている。

 

自分がちゃんと自分のそばにいる、自分というものを感じているとき、ものすごい安心感があります。

 

五感を研ぎ澄ませて感じたり、イマの身体バランスを感じながら立ったり歩いたり、それだけで安心とくつろぎを感じられる。

 

過去のことや この先のことを考えながらでは 身体の感覚は感じられず、自分のそばにはいてあげられない。

 

少しの時間でも身体の感覚を感じてみるだけで、身体の緊張がゆるんで、心地よくなって、骨格バランスは整っていきます。

 

身体はイマの気分と同じように反応して その状態になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です