心と身体が繋がっているのは、いろんなところで言われていること。

間違いないと思います。

 

でも、本当は心を守るために身体があるのではないかと。

 

心を守るための身体が崩れれば、心にも同様のことが起きる。

 

逆に身体が整えば心も整い、さらには魂を感じやすくなる、自分の内側と向かいやすくなる、深く内側に入っていけると思います。

 

今までも自分と向き合ってきたという場合でも、もっとさらに内側に深く入っていくことが大切だと思います。

 

目で見えない心や魂の状態がとても大切です。

身体に影響を与えます。

 

心や魂を起こし、さらに身体を整えること、本当に進む道が見えてくる。

 

私たちは何のために肉体を持っているのか。

 

外見だけをどうにかするボディケアや小顔矯正の時代は終わりました。

 

心が魂が目を覚ましていくから、内側から光って、その光が外側に滲み出る。

これが本当の美しさ。

 

さらに最低限の身体のケアはできるといいですね。

タイムラグがあるので。

 

これまでの作られた固定概念や価値観で私たちは望んでなかったけれど、歪む要因が多く、そうなるしかなかったんですね。

 

それも必要なことで、歪むことでその逆が知れる。

それは喜ばしいことです。

 

ヒトを美しいと感じる感覚が全体で変わってきているのを感じます。

 

全てはバランス。

どこか一点でも欠けていると歪みます。

 

顔・身体の肉体部分だけで見てもそう、心・魂・肉体で見てもそう、完璧でなくていいからバランスをとるための行動は必要だと思います。