私が施術やセルフボディケア、身体の使い方を観察することを長い間していて思うことは、顔や頭の形や身体の肉体的な違和感、歪みなどで悩んだときに、誰かにずっと頼ることなく、
「自分で良くすることができる」ということ。

 

自分で良くしていく力がすでに自分自身の中に在って、
どうすれば良くなっていくのかを私たちの身体はすでに知っていますし、何らかの形でサインを送ってきています。

 

施術やセルフボディケア、そして整った骨格で立ったり、座ったり、歩いたりなど、日々の動きをとおして、
「自分の顔や頭の形や身体は、自分で良くすることができる」ことを知り、体感し、実感し、思い出し、

 

コンプレックスを探究心に変えて、自分の身体の変化を楽しみ、全身が在りたい状態に戻っていく過程に心地よく委ねながら、

 

今まで感じていた違和感をむりやり消し去ろうとせず、
自然と消えていくのを見守りながら、自然な形で自己価値を上げていくことができることを伝えていきたいと思っています。

 

 

全身をゆるめながら、正しい動きをインプットさせながら、骨格を本来の形や位置に戻し、機能的で美しい構造体の本来の自分の顔や頭の形や身体を取り戻していった時、安らぎ、もう大丈夫という安心が生まれて、その安心が心を開いて、

 

それに合わせて意識や思考、言葉や行動、まわりの環境が変わり、見る世界が変わっていき、
自分以外のものに影響されずに、いつも穏やかに静かに自分の内側の声を聞けるようになっていく、という本当の自分で在ることができるのだと実感しています。

 

いつも、いつまでも大丈夫だよ、と自分を労れるように、大切に扱えるように。

 

自分の本来の顔・頭の形・身体に戻っていけば、肉体を感じられるようになれば、呼吸、身体の使い方、こころ、意識、精神、人間関係、仕事などの全てのバランスが取れるようなってきます。

 

エネルギーの調整も含め、全身をゆるめ、骨格矯正し、正しい動きを記憶させていくことを通して、バランスの取れた自分に寛げるようお手伝いをしていきたいと思っています。